WDCC買取って出来る?どこが高い?ディズニーフィギュアWDCCの買取について

ディズニーフィギュアWDCCの買取について

WDCC(ウォルト・ディズニー・クラシックス・コレクション)は、ディズニーのキャラクターやアニメ映画に出てくる乗り物、建物などをかたどった陶磁器製のフィギュアです。

 

アメリカ・カリフォルニア州にあるウォルト・ディズニー・スタジオで、ディズニーのアニメーターや着色アーティスト、造形アーティストなどの職人がディズニー原作アニメーションの技術を使ってひとつひとつ手作りで作っています。

 

ディズニーアニメーションの世界がリアルに、忠実に再現されているのが魅力です。

 

全てのWDCCにはディズニーが発行した「鑑定証」がついていて、これをもって本物と証明できることになります。

 

また、フィギュアの底面に「バックスタンプ」と呼ばれるウォルト・ディズニーの署名が刻印されています。

 

また、映画やフィギュアのタイトル、記念メッセージや製造年を示すマークも表示されていて、ここから作品の情報を読み取ることができます。

 

WDCCはアメリカ製ですが、日本でもインターネット上のショップやオークションを中心として購入することができます。

 

眺めているとまるで自分もディズニーアニメのワンシーンに入ったかのような気持ちになれるWDCC。
ひとつひとつが手作りで、とても作り込まれているので大量生産はできません。

 

生産元のウォルト・ディズニー・スタジオによって次のようにランク分けされています。

《Limited Edition》

決められた数量のみ製造される作品で、追加などで製造されることはありません。底面にシリアルナンバーが入ります。

 

《Closed》

期間限定で製造される作品で、製造期間が過ぎると再び製造されることはありません。

 

《Retired》

数量や製造期間の限定のない作品で、製造を廃止したものです。その後製造が再開されることはありません。

 

《Suspended》

製造、販売ともに停止している作品です。なので両方再開される可能性があります。

 

どの種類にしても、WDCCはとてもに希少性が高いものだということがわかりますね。コレクターも多いです。

 

そんな日本だけでなく世界中で人気や需要の高いWDCCを売ろうか悩んでいる人に今回はWDCC買取についてお話ししたいと思います。

 

WDCCのどんなものが売れるの?

基本的にウォルト・ディズニー・スタジオで作られた正規品であればどんなWDCCでも売ることができます。

 

簡単に手に入るものではないので需要が高く(欲しい人が多い)、適切な場所に売ればほとんどどの種類のWDCCでもある程度高い値段で売れます。

 

WDCCには非常に多くの種類がありますが、定番のミッキーマウスやミニーマウスはもちろん、ディズニープリンセスやリトル・マーメイド、不思議の国のアリス、ピーターパン、パイレーツ・オブ・カリビアン関連の作品は特に人気があり需要も高いでしょう。

 

シンデレラ城や蒸気船ウィリーのスチームボートなどのジオラマ系も案外狙い目です。

 

ただ、WDCCはどちらかというとマニアックな品物なのできちんと査定・買取ができるお店を探す必要があります。

 

どのWDCCを売るか、よりもどこに売るか、のほうが重要になってきます。

 

WDCCはどのくらいの値段で買取してもらえる?

WDCCを実際に買取店に売った場合の参考価格を調べてみました。

 

・WDCC スリーピングビューティー フィリップ&オーロラ
買取価格:19,000円

 

・WDCC ディズニー ラプンツェル Tangled 750体限定
買取価格:122,000円

 

・WDCCダンボ&ジミークリケット
買取価格:55,000円

 

・WDCC ミッキーの現代と過去
買取価格:15,000円

 

・WDCC シンデレラ城
買取価格:35,000円

※相場は日々変動するので上記はあくまでも参考価格としてください。(状態が良い場合の値段です。)

 

もちろん売るお店やWDCC自体の状態によって値段は変わるので限定品で数が少ないものや既に生産が終了しているものはブランドバッグ並の値段になることもあります。

 

そうでなくても全体的に普通のフィギュアリンよりも買取額が高いです。鑑定証もセットで売ることでさらに買取額が高くなります。

 

数が多ければ当然値段も高くなるので、複数WDCCがあればまとめて売ったほうが二度手間にもならずお得です。

 

WDCC買取を依頼するならどこが良い?

《ディズニーグッズの買取専門店》に売ることをおすすめします。

 

カテゴリとしてはフィギュア・置物に分類されるのでリサイクルショップ・ホビーショップでも買い取ってくれますが、元々の値段よりはかなり安くなってしまうでしょう。

 

WDCCはディズニーに詳しい人でないと知らないことが多く、お店も専門店でないときちんと査定することが難しいのです。

 

一方、専門店であれば価値を評価した査定ができるので高値がつきやすいです。

 

また、買取方法は《宅配買取》であれば重い思いをして自分で持ち運ぶ必要がなく、梱包材も貰うことができるので傷がつくようなこともありません。
WDCCは、損をせず楽に売ることができる《ディズニーグッズの宅配買取専門店》に売るのがベストです。

 

ディズニートラディションと違って生産終了しているものも多く、焼けや劣化など状態が悪くなければある程度ディズニー買取の専門店であれば付加価値なども考慮して高価買取してくれる可能性も高いです。

 

WDCCを買取してもらおうか悩んでいる人は当サイトでは無店舗型のディズニーグッズ買取専門店もご紹介していますのでチェックしてみて下さいね。

 

⇒ ディズニーグッズ買取ランキングへ